PR
PR

三菱重工、通信衛星打ち上げ受注 英インマルサット、H2Aで

 三菱重工業は12日、英国の衛星通信サービス大手「インマルサット」の通信衛星を、H2Aロケットで2020年に打ち上げると発表した。海外の衛星の打ち上げを受注したのは5件目。受注価格は非公表としている。

 H2Aは日本の主力ロケットで、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が三菱重工と共に開発。07年から三菱重工が打ち上げを担っている。これまでに35回打ち上げ、1回失敗したが、最近は29回連続で成功。97・1%の成功率を誇り、同社は「高い成功率を強みに、海外からの受注に弾みを付けたい」としているが、海外のロケットより割高なのが課題。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る