PR
PR

バス運転手確保へ体験会 乗用車との違い実感 網走

 【網走】網走バス(小沢友基隆社長)は10日、大型車の運転経験のない人にバス運転を試してもらう体験会を市内で開いた。運転手不足が続くなか、バスの運転に興味を持ってもらおうと初めて企画し、市民らが乗用車とはスケールの違った運転に挑んだ。同社は今後も継続的に開き、運転手確保につなげる考えだ。

 北海道バス協会は「こうした試みは、道内では聞いたことがない」という。

 同社はフリーペーパーなどに募集広告を掲載し、普通自動車運転免許を持つ市民らが応募した。体験会には同社の新人社員3人も加わり、計11人が参加した。

残り:501文字/全文:753文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る