PR
PR

大型恐竜、がに股歩き? モンゴルで連続足跡化石を発見

 モンゴルのゴビ砂漠南東部で大型恐竜「竜脚類」の足跡化石3個が見つかったと、岡山理科大(岡山市)とモンゴル科学アカデミー古生物学地質学研究所の共同調査隊が12日、発表した。昨年発掘した世界最大級の足跡化石と一続きの歩行跡とみられ、がに股でゆっくり歩行していたと推測されるとしている。

 岡山理科大によると、今回の化石は幅約80センチ、長さ102~120センチ。植物を主食としていた竜脚類の一種、ティタノサウルス類が残した足跡の可能性が高い。約7千万~9千万年前の白亜紀後期の地層から発見された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る