PR
PR

大阪国際がんセンター・田淵貴大さん講演 優先順位決め予防策

 国民の2人に1人がかかる「がん」を防ぐには何をすればいいか―。公益財団法人札幌がんセミナー主催のセミナー「メディアが伝えない がん予防のはなし」(北海道新聞社後援)が4日、札幌で開かれました。大阪国際がんセンター(大阪市)がん対策センター疫学統計部副部長の田淵貴大さん(40)=公衆衛生学=の講演内容の一部を紹介します。

 田淵さんは「がんに限らず、病気はさまざまな要因が関係しており、予防に役立つと言われること全てに気をつけるのは大変です」と話し、優先順位をつけて予防に取り組むことを呼びかけました。

残り:1193文字/全文:1444文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る