PR
PR

色付く大雪山系黒岳 秋へ駆け足

 【層雲峡】上川管内上川町層雲峡の大雪山系黒岳(1984メートル)で、8、9合目の紅葉が見ごろを迎えた。ウラジロナナカマドが鮮やかな赤、ウコンウツギが柔らかな黄に色付き、登山者の目を楽しませている。

 層雲峡・黒岳ロープウェイを運行するりんゆう観光(札幌)によると、「日本一早い」といわれる紅葉は、ほぼ例年並みの8月下旬に始まった。今週末に7合目付近、10月に入れば山麓も見ごろになる見通しという。

残り:57文字/全文:255文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る