PR
PR

性同一性障害公表の弁護士・保坂さん、根室市議に初当選

 【根室】10日投開票の根室市議選(定数18)で、心と体の性が一致しない性同一性障害を公表している弁護士の新人保坂いづみさん(48)が初当選した。戸籍上は男性だが、女性として立候補して一人で選挙を戦い、上位当選を果たした。

 「実績もなく親戚もいないのにこんなに票をいただいた。本当にうれしい」。10日夜、自身の法律事務所で支持者から祝福され、涙ぐみながら喜びを語った。

 神戸市出身。幼いころから自分の性別に違和感を抱き苦しんできた。神戸大教育学部を卒業後、「手に職を付けたい」と通信教育で法律を学び、6回目の挑戦で2010年に司法試験に合格。性同一性障害を明らかにし、女性弁護士として活動を始めた。

残り:455文字/全文:754文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る