PR
PR
全国的に大雨警戒を 日本海から低気圧接近

 発達しながら日本列島に接近する低気圧の影響で、12日は北海道から九州の広い範囲で大雨になる恐れがあるとして、気象庁は11日、土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、低気圧は朝鮮半島付近から日本海を東進し、12日には北海道や東北付近を通過する見通し。低気圧から延びる寒冷前線が本州から九州の広い範囲にかかり、南下する。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になる。

 局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところがあるほか、竜巻など突風にも警戒が必要だ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る