PR
PR

ハリケーン、米南部で外出禁止令 「イルマ」住民に注意呼び掛け

 【ニューヨーク共同】大型ハリケーン「イルマ」が上陸した米南部フロリダ州で、タンパなど複数の都市は10日、外出禁止令を出して警戒を強めた。高潮が続く可能性もあるとして住民に注意を呼び掛けている。複数の米メディアが報じた。

 米ハリケーンセンターによると、イルマは5段階の分類で最も弱い「カテゴリー1」に勢力を弱めながら北上している。

 AP通信によると、フロリダ州では人口の約3分の1に当たる約640万人に避難するよう呼び掛けた。激しい風雨により道路の冠水や、クレーンや街路樹が倒される被害が出ており、少なくとも330万世帯が停電となった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る