PR
PR

かわいいカワウソ日本一だ~れ? ネットで人気投票 道内から6匹立候補

 全国の水族館や動物園で飼育されているカワウソの人気投票がインターネット上で行われている。「カワウソゥ(総)選挙」と銘打った初の企画で、道内からは3施設の計6匹が“立候補”して、かわいらしさを競っている。長崎県・対馬で8月に国内で38年ぶりに野生のカワウソが確認されるなど、カワウソへの関心が高まっていることもあり、イベントの担当者は「投票をきっかけに生態に興味を持ってもらえれば」と呼びかけている。

 企画したのは東京・池袋のサンシャイン水族館の運営会社。各施設で人気者のカワウソの写真をネット上の特設ページに掲載しており、全国36施設から79匹とペアや家族による5グループの計84候補がエントリーした。応援したいカワウソには1日1回だけ、投票でき、毎日でも可能だ。

 道内勢は、サンピアザ水族館(札幌市厚別区)、おたる水族館(小樽市)、釧路市動物園から各2匹ずつ参加した。サンピアザ水族館は、コツメカワウソのミミとララ(いずれも6歳メス)。おたる水族館は、コツメカワウソのダイ(8歳オス)とカオル(11歳メス)。釧路市動物園は、カナダカワウソのオスのリッキーとメスのチャッピー(いずれも12歳)。

 締め切りは10月9日までで、結果は同15日のサンシャイン水族館のイベントで発表される。ホームページのアドレスは、https://goo.gl/DfZT1B

残り:176文字/全文:752文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る