PR
PR

マリリン、故郷で夢切符 LS北見を控えでけん引

 【北見】「ここまで来たのは私の力ではなく、チームを支えてくれた皆さんのおかげ」―。故郷のカーリングの町のリンクに「マリリンスマイル」が輝いた。女子カーリングのLS北見が10日、来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪日本代表決定戦を制し、五輪切符を手にした。2010年の設立以来、チームをけん引してきた主将の本橋麻里選手(31)は、生まれ育った北見市常呂町から五輪に出場するという夢をつかみ取った。

 本橋選手は06年トリノ五輪と10年バンクーバー五輪にチーム青森のメンバーとして出場。明るい笑顔とユーモアあふれる言動で見るものを引きつけ、「マリリン」の愛称は全国区となった。

 バンクーバー五輪後、恵まれた環境の青森から離れるリスクを承知で故郷に戻った。きっかけは、同五輪で目にしたスウェーデン代表のカーリングを楽しむ姿だった。「世界のトップ選手は、カーリングが人生の全てではなく、人生の中にあるカーリングを楽しんでいる。その気持ちが自分に足りないな」と実感した。

 「もっと強くなりたい。カーリングに出合った場所で一からやり直したい」。故郷でクラブチームを立ち上げ、再出発した。大会開催などの書類の準備や裏方もやった。12年に結婚し、15年には母にもなった。地元企業がスポンサーにつくなど、地域の支援の輪も広がった。

残り:402文字/全文:957文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る