PR
PR

消防士すごい 岩内で「救急の日」イベント

 【岩内】岩内・寿都地方消防組合岩内消防署は、「救急の日」の9日、消防・救急フェスタを同署で開催した。子どもらは防火服を身にまとい、消防士さながらに放水などを体験した。

 消防士の仕事を知ってもらおうと同署が昨年から実施。

 今年は岩内警察署なども参加し、消防車や救急車、パトカーの試乗を行った。子ども連れなど約250人が来場し、スタンプラリー方式で応急処置や放水、濃煙などを体験した。

 実演では消防士らが地上約17メートルの高さからロープを使い降下。来場者は「すごい」と感嘆の声を上げた。母親と一緒に共和町から来た大友義仁君(6)は「将来、消防車や救急車に乗って人を助けたい」とはにかみながら話していた。(岩内江平)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る