PR
PR

イナダ大入り漁業者困惑 室蘭・秋サケ定置網 サケの7倍、高水温影響か

 【室蘭】胆振管内の秋サケ定置網漁で、室蘭の漁業関係者が網に紛れ込む大量のイナダ(ブリの幼魚)に困惑している。8日の初水揚げでは、サケが前年初日より7割少ない3・2トンだった半面、イナダは同約20倍の21・3トンとサケの約7倍。北海道より南で多く取れるイナダは単価が安く、浜ではサケの来遊を待ちわびる声が漏れている。

 1日解禁の秋サケ定置網漁は、道内に3日に接近した台風の影響で初水揚げがずれ込んでいた。8日早朝、室蘭の追直(おいなおし)漁港に帰港した船には40~50センチほどのイナダが所狭しと積まれていた。室蘭漁協の担当者は「近年は漁の始まりにイナダが交ざるが、ここまで多いのは初めて」と驚く。

 道によると、かつて室蘭周辺でほとんど取れなかったイナダやブリの漁獲量は、2012年に18トン、13年に近年最多の133トンに急増した。14年以降は減少傾向にあったが、今年は初日だけで13年の実績の6分の1を水揚げした格好だ。

残り:262文字/全文:674文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る