PR
PR

DB活用し授業 函館でNIEセミナー

 【函館】教育現場での新聞活用を進めるNIE(教育に新聞を)第16回渡島地区・函館セミナーが8日、函館市立亀田中で開かれた。中学1年の社会科の授業に新聞のデータベースを活用する授業が公開され、渡島管内の教員ら約30人が見学した。

 道NIE推進協議会の主催。公開授業を行った川端裕介教諭(36)は、北海道新聞のデータベースを使って、米国や中国など世界12カ国が新聞紙面に登場した回数を年代別に表にして生徒に配布。どの国が増えているか、その理由を考えさせた。生徒たちは「中国が増えているのは急速に経済発展したからでは」などと発表した。

 授業後、見学した教員の間からは「生徒たちは表の数字をちゃんと読み取っていた。安易にグラフ化しなくてもいいことを学んだ」といった意見が聞かれた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る