PR
PR

函館西署員を再逮捕 大麻購入し捜査情報漏えい疑い

[PR]

 【函館】違法と認識しながら大麻とみられる薬物を譲り受けたとして函館西署員が逮捕された事件で、薬物の購入先とされる知人の男に捜査情報を漏らしたとして、道警は8日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、同署警備課巡査部長山本圭太容疑者(35)=函館市千歳町=を再逮捕した。

 逮捕容疑は6月13日、道警内の端末で車両のナンバー照会を行い、車の所有者の情報を知人の男に漏らした疑い。道警は山本容疑者の認否を明らかにしていない。

 道警監察官室によると、車は道警の捜査車両だった。男は当時、別の事件の捜査対象になっており、山本容疑者に「自分の後をつけている車があるので調べてほしい」と依頼したという。

 捜査関係者によると、山本容疑者は男と高校時代に知り合った。道警は同容疑者が、この男から大麻を購入したとみて経緯を調べている。

残り:346文字/全文:704文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る