PR
PR

新旧ゲーム機ずらり 釧路で飲食店「8ビット」開業 20機種、ソフト1000本以上

 新旧のゲーム機やゲームソフトが所狭しと並ぶ飲食店「レトロゲームルーム8ビット」が8日、釧路市昭和中央5にオープンする。店主の草彅隼一さん(36)の収集物を展示しており、ソフトを持ち込めばゲーム機で遊ぶことも可能。草彅さんは「ゲームをきっかけに、昔の思い出を語り合えるような空間にしたい」と思いを語る。

 ファミコン、プレイステーション、ニンテンドースイッチ―。草彅さんの自宅裏庭に立つ7畳ほどの店内に、各世代の子供たちを夢中にさせてきたゲームの数々が陳列されている。リサイクル店やインターネットショップなどから集めたもので、ゲーム機は20種以上、ソフトは千本以上ある。

残り:388文字/全文:672文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る