PR
PR

函館柏野小 90周年盛大に 卒業生や地域の人 節目祝う

 【函館】函館市立柏野小学校(片桐由博校長、児童386人)の創立90周年記念式典が1日、同小体育館で開かれ、卒業生や在校生、地域の人らが節目を祝った。

 同小は1928年(昭和3年)4月に開校。17年3月末までに、作曲家の故・広瀬量平さんら1万5900人弱の卒業生を輩出している。

 片桐校長が開校当時の学校周辺を紹介。90年の歴史を誇りに《1》地域への感謝を胸に立派な大人になること《2》何かを成し遂げたいのなら、今できることはすぐに取り組むこと―と児童たちに呼び掛け、「100周年に向け、枝葉を広げ、しっかりと根を張るカシワのようにさらなる成長を」と結んだ。

 そのほか、在校生が広瀬さんが作曲した「はこだて賛歌」を合唱。参列した卒業生や保護者ら全員で校歌を歌い。締めくくった。(野長瀬郁実)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る