PR
PR

性同一性障害者「女性で立候補」 根室市議選

[PR]

 【根室】3日告示された根室市議選で、心と体の性が一致しない性同一性障害を公表している弁護士の新人保坂いづみ氏(48)=根室市=が立候補を届け出た。保坂氏は戸籍上は男性だが「女性として立候補した」としている。

 根室市選挙管理委員会は、今回の市議選から立候補者を男女で区別していない。印鑑登録証明書から性別欄を削除するよう求めた保坂氏の請願を市議会が昨年9月に採択したのを受け、立候補の届け出書も性別欄を削除した。

 北海道新聞は保坂氏を女性として集計します。

残り:28文字/全文:257文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る