PR
PR

11月「将棋の日」 札幌で開催、18棋士出演決定

 11月4、5の両日、札幌・わくわくホリデーホール(中央区北1西1)を主会場に開かれる将棋界最大の催し、第43回「将棋の日」in札幌(日本将棋連盟、札幌市、北海道新聞社などでつくる実行委主催)に、佐藤天彦名人や久保利明王将のほか、タイトル獲得経験のある屋敷伸之九段(札幌出身)、広瀬章人八段(同)ら計18人の棋士の出演が決まった。

 4日は札幌全日空ホテルで棋士と触れ合うレセプション(20歳以上対象、8千円)、5日には佐藤、久保が対局し観客が次の手を予想する「次の一手名人戦」などが行われる。全て事前申込制で、9月1日から札幌市コールセンター((電)011・222・4894、問い合わせも)で受け付ける。イベントの詳細は札幌市のホームページhttp://www.city.sapporo.jp/kyoiku/shogaikyoiku/shoginohi.htmlに掲載されている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る