PR
PR
どうする自殺対策

 政府の自殺対策の指針となる新しい「自殺総合対策大綱」が7月に閣議決定された。自殺者は減少傾向にあるものの、年間2万人を超えるなど深刻な状況が続いている。新大綱では、今後10年で自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を3割以上減らすとした数値目標を掲げる。目標達成のための課題、必要な取り組みなどを専門家2人に聞いた。

残り:2449文字/全文:2610文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る