PR
PR

満開ソバ畑に「八乙女舞」 道南の福島町

 【福島】渡島管内福島町千軒のソバ畑で27日、満開を迎えたソバの花をめでる「千軒そばの花観賞会」が開かれた。白い花々の中では道無形民俗文化財の松前神楽が披露され、来場者約200人が幻想的な光景にうっとりとした。

 町特産のソバの生産に取り組む「千軒そば生産会」(佐藤孝男会長)の主催。約3ヘクタールの畑では、福島町松前神楽保存会が5演目を舞った。この日が初舞台の町内の小学5年生西田彩桜(さくら)さん(11)と佐々木いちかさん(10)は、緊張した表情で「八乙女舞(やおとめまい)」を披露。観客からは「ようそろう(良き候)」という称賛の掛け声や、拍手が送られた。

 

残り:75文字/全文:355文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る