PR
PR

自転車+JR…生み出せ道北観光 中川など広域組織設立

 【中川】自転車と、JR宗谷線など公共交通機関を組み合わせた新たな体験型観光ツアーの実施を目指して、旭川、名寄、稚内など道北の5市町などが23日、広域組織の「きた北海道エコ・モビリティ推進連絡会議」(事務局・上川管内中川町観光協会)を設立した。訪日外国人(インバウンド)を含む自転車愛好家の誘客を狙う。第1弾として、9月1~3日に旭川駅周辺―稚内・宗谷岬間の315キロを巡るサイクリングツアーを行う。

 この会議は、自転車観光に力を入れる中川町と町観光協会の呼びかけで発足。上川管内剣淵町を加えた5市町のほか、各地の観光協会や観光関係団体などで構成。JR北海道旭川支社、旭川、稚内両開建などもオブザーバーとして参加している。

残り:205文字/全文:516文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る