PR
PR

石炭列車、ご当地消印に 釧路武佐郵便局が使用開始

 釧路市内を走る太平洋石炭販売輸送臨港線の石炭列車をデザインした風景印を釧路武佐郵便局(武佐2)が作り、14日から消印として使用を始める。国内唯一、坑内掘りで採炭する釧路コールマインの石炭を釧路港の貯炭場まで運ぶ列車をあしらった風景印は鉄道ファンの人気を集めそうだ。

 名所や特産品をデザインに盛り込む「ご当地消印」である風景印は各地の郵便局が手掛けている。今回、臨港線が近くにある同郵便局が観光資源を広く知ってもらおうと企画した。

残り:268文字/全文:483文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る