PR
PR

明桜2―14二松学舎大付 19安打で大勝

 二松学舎大付は8本の長打を絡めて19安打14点と大勝した。二回に1死二塁から秋広の右前打に2本の三塁打で3点を先制。その後も鋭い打撃で得点を重ねた。先発の左腕市川は丁寧な投球で8回1失点と好投した。明桜は六回に3連打で、九回は松本大のソロでそれぞれ1点をかえしたが、守備が乱れた。五、六、七回はいずれも失策が絡み傷口を広げた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る