PR
PR
伊、移民隔離「ナチス」と反発 オーストリアの要求に

 【ウィーン共同】欧州を目指す不法移民への対応を巡り、イタリアとオーストリアが互いを非難し合っている。自国の島が地中海を渡る移民のルートになり苦慮するイタリアに対し、オーストリアは島への“隔離”を要求。イタリア側は「ナチスのようだ」と激しく批判、険悪なムードも漂う。

 陸路によるバルカン半島ルートの移民・難民の移動はほぼ終息した。一方、海ルートの流入は続き、1~7月に欧州にたどり着いた不法移民らは約11万3千人で、うちイタリアに80%超の9万4千人が上陸。オーストリアは自国への流入阻止のため、西部国境への軍派遣を示唆するなどイタリアに圧力をかけていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る