PR
PR

北見活性化へ観光拠点 中心部・ハッカ記念館周辺に整備構想

 【北見】北見市中心部に「道の駅」を核とした観光拠点を官民一体で整備する構想が、地元経済界で持ち上がっている。観光客数で同じ道東の中核都市の釧路、帯広に水をあけられている現状を踏まえ、「まちの駅」として地域経済活性化の起爆剤とする狙いだ。ただ、市庁舎建設など130億円規模の事業を進める最中だけに、大型投資には慎重論も根強い。

残り:1278文字/全文:1441文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る