PR
PR

白いヒグマ、中学校のグラウンド付近に 下川

 【下川】町内の下川中のグラウンド付近で9日午前7時50分ごろ、全身の毛が白いクマを清掃作業員の男性が発見し、学校関係者が撮影した。突然変異で色素が欠乏した「アルビノ」の個体とみられ、町民の間で話題になっている。

 町と名寄署によると、クマは体長1・5メートルほど。同校南側の下川スキー場の方向に向かっていったといい、その後も数回にわたり現場周辺で目撃されたという。目撃した町民の男性は「ライオンのようにも見えて本当に驚いた」と話す。

 同署は9日以降、現場周辺で住民に広報しながら巡回して注意を促し、町と猟友会がクマを捜索したが、12日午後6時現在、発見には至っていない。

残り:105文字/全文:390文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る