PR
PR
トランプ大統領、軍事的対応警告 強力な追加制裁検討

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「露骨な威嚇を行い、グアムや米国の領土、同盟国に何かすれば、すぐに後悔することになるだろう」と述べ、米領グアム沖へのミサイル発射検討を表明した北朝鮮に軍事的報復を示唆し警告した。強力な追加制裁を検討しているとも述べ、中国の習近平国家主席と近く電話会談する意向を表明した。休暇で滞在中のニュージャージー州で記者団に語った。

 ツイッターに「北朝鮮が浅はかな行動を取れば、軍事的に対応する準備は完全に整っている」と投稿した真意について、トランプ氏は「発言はそのままの意味だ」と強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る