PR
PR

世陸女子2百、スキッパーズ連覇 百障害の木村は準決勝敗退

 【ロンドン共同】陸上の世界選手権第8日は11日、ロンドンで行われ、女子の200メートルはダフネ・スキッパーズ(オランダ)が22秒05で2連覇した。日本勢として初めて100メートル障害準決勝に臨んだ木村文子(エディオン)は13秒29の2組8着で敗退した。

 男子の十種競技は前半5種目を終え、中村明彦は3925点で26位、右代啓祐(ともにスズキ浜松AC)は3685点で27位と出遅れた。ハンマー投げはパベウ・ファイデク(ポーランド)が3大会連続で制した。

 女子の3000メートル障害はエマ・コバーン(米国)が大会新記録の9分2秒58で初制覇した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る