PR
PR

ケネディ前駐日大使、取締役に 米航空機大手ボーイング

 【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは11日までに、前駐日大使のキャロライン・ケネディ氏(59)を取締役に選任したと発表した。2013年11月に駐日大使に着任し、今年1月に離任した。

 同社のデニス・ミュイレンバーグ社長兼最高経営責任者(CEO)は「競争の激しい世界的な経営環境において価値のある外交的でグローバルな見方を取締役会にもたらす」との声明を出した。

 キャロライン氏は1963年11月に暗殺されたケネディ元米大統領とジャクリーン夫人の長女。弁護士資格を持ち、作家としても活動。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る