PR
PR
横浜4―6秀岳館 秀岳館、反撃かわし勝利

 秀岳館は一回に5長短打で3点を奪って主導権を握ると三、七回にも加点した。先発川端は140キロ台の直球が走り、6回を2安打1失点と危なげない投球。2番手田浦が一発を浴びたが、反撃をかわして逃げ切った。横浜は先発塩原に本来の球威がなく、三回途中7安打4失点。七回に福永の3ランで2点差まで追い上げたが及ばなかった。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る