PR
PR
JR四国の新型特急が出発 ディーゼル車は28年ぶり

 JR四国の新型ディーゼル特急車両「2600系」(4両編成)の出発式が11日、高松駅で開かれ、高徳線の高松―徳島間で営業運転を開始した。同社が新造した特急車両の導入は3年ぶりで、ディーゼル車では28年ぶりとなる。

 車体の外観は赤と金色のラインが特徴で、朱墨の筆の流れをイメージ。客席シートはえんじと紺の2色で、ひし形の和風模様が施されている。

 11日は運行開始記念の貸し切り乗車ツアーとして、12~15日は徳島市での「阿波おどり」開催に合わせた臨時列車として1日1往復運行する。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る