PR
PR

否認の中3に「間違いなく牢屋」 警察官が暴言、自白強要

 警視庁高井戸署の警察官が、万引事件に関わったとして、中学3年の男子生徒を取り調べた際、否認する中学生に「高校なんか行かせねえぞコラ」「否認すれば間違いなく牢屋に入れる」と暴言を吐き、自白を強要していたことが10日、分かった。中学生側からの人権救済申し立てを受け、調査した東京弁護士会が明らかにした。

 弁護士会によると、暴言を受けたのは当時14歳と15歳だった2人。2015年12月、同級生が起こした万引への関与を疑われ、高井戸署で取り調べを受けた。当時15歳の生徒は親の勧めでICレコーダーを持ち込み録音していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る