PR
PR
「そっくりの魔力」展1万人 道立函館美術館

 【函館】6月10日から道立函館美術館で開催されている展覧会「ニッポンの写実 そっくりの魔力」(北海道新聞社など主催)の入場者数が9日、1万人に達し、節目の入場者となった北斗市の小学4年、浦田みひろさん(9)に記念品が贈られた。

 伊藤一哉・北海道新聞函館支社長が図録などの記念品を手渡した。浦田さんの祖父善則さん(66)と祖母恵子さん(66)は「絵が好きな孫に見せたい、と思って連れてきたら1万人目になって驚いた」。浦田さんは記念品を渡され、「恥ずかしいです」とはにかんだ。

残り:97文字/全文:334文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る