PR
PR
紫式部文学賞に津村記久子さん 短編集「浮遊霊ブラジル」

 女性の文学作品を対象とした第27回紫式部文学賞(京都府宇治市など主催)に、作家津村記久子さんの短編集「浮遊霊ブラジル」(文芸春秋)が9日までに選ばれた。

 受賞作は、海外旅行を前に急死した男性が浮遊霊となって旅する表題作など七つの短編を収めた。

 津村さんは大阪市生まれ。2009年「ポトスライムの舟」で芥川賞、13年「給水塔と亀」で川端康成文学賞を受賞した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る