PR
PR
敵基地攻撃力検討せず 安倍首相、将来には含みも
[PR]

 安倍晋三首相は6日、広島市での記者会見で、弾道ミサイルなどの発射前に敵基地を破壊する「敵基地攻撃能力」保有について「日米の役割分担の中で米国に依存している。現時点で具体的な検討を行う予定はない」と慎重な考えを示した。北朝鮮の核・ミサイル開発を踏まえ「安全保障環境が一層厳しくなる中、常に現実を踏まえながらさまざまな検討を行っていくべきだ」とも述べ、将来的な検討には含みを残した。

 敵基地攻撃能力の保有を巡っては、3日の内閣改造で就任した小野寺五典防衛相が検討する意向を示していた。首相は会見で「専守防衛の考え方はいささかも変更はなく、これからもそうだ」と強調した。

残り:324文字/全文:607文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る