PR
PR
筬島駅存続ファンと願い 音威子府 JR宗谷線開業95年

 【音威子府】上川管内音威子府村にあるJR宗谷線の無人駅「筬島(おさしま)駅」の開業95周年を祝うイベントが5日、駅の周辺で開かれた。記念の入場券や駅弁、鉄道グッズなどが販売され、道内外から鉄道ファンら約150人が訪れた。

 筬島駅は1922年(大正11年)開業。86年に無人駅となり、昨年夏にはJR北海道が駅廃止を音威子府村に提案したが、村が管理費を負担することで当面の存続が決まった。この日のイベントは、駅PRと、JRが「単独では維持困難」とした宗谷線名寄―稚内間の利用促進のため、村と住民団体が開いた。JRも入場券発行などで協力した。

残り:160文字/全文:429文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る