PR
PR

小樽駅に裕次郎さん記念ルーム 24日から ポスターなど展示

 小樽市築港の石原裕次郎記念館が8月末に閉館することに伴い、JR北海道は24日~9月3日、小樽駅4番ホームに「裕次郎メモリアルルーム」を開設する。名所として小樽観光に貢献した同記念館への感謝を込めた企画で、同記念館から贈られた展示品を公開する。

 同ルームには裕次郎さんが出演した映画のポスターや発売されたビデオテープのケースを飾るほか、等身大パネルも設置。パネルと記念撮影ができるスペースも確保する。

 4番ホームは裕次郎さんがかつてテレビの撮影で小樽を訪れた際に降り立ったことにちなみ、「裕次郎ホーム」と名付けられており、一角に設けられているステーションギャラリーを記念ルームとして活用する。

 同記念館の閉館に合わせて、同駅が記念館の展示品を飾るため、展示品の貸し出しを打診したところ、映画ポスターや等身大パネルなど、200点以上の展示品が寄贈された。同駅の曳地直行副駅長は「まさか寄贈してくれると思っていませんでした。駅として感謝します」と話す。

残り:218文字/全文:642文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る