PR
PR

冬をイメージ白い列車 いさ鉄が新車両運行

 第三セクター道南いさりび鉄道(五稜郭―木古内)は1日から、雪に覆われる道南をイメージしたオリジナルの白色塗装を施した車両の運行を始めた。

 車体側面に濃い赤色のラインで函館山のシルエットを表現。前面の貫通扉にも同じ赤色を取り入れ、地上からの視認性を向上させたデザインにした。

 車両は、観光列車「ながまれ号」のデザインを引き継いだ。これまで道南の四季をイメージして、花が咲き誇る「春」のオレンジ色、「夏」の豊かな森を連想させるモスグリーン、「秋」を象徴する濃い赤色の列車があり、「冬」の白色の完成により4色の車両がそろった。

 同車両は今後、通常の定期列車として運行する。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る