PR
PR
GLAYが走者励ます歌 北海道マラソン公式ソング

 函館出身の4人組ロックバンドGLAYがこの夏、「北海道マラソン2017」(27日・札幌)を後押しする。大会オフィシャルソングになった新曲の「ロングラン」は、リーダーでギターのTAKUROが作詞作曲した、すべての人たちへの応援歌。「生まれてから死ぬまで、人生はロングラン。上り坂もあれば、平らな道もある。そんなイメージを浮かべて、ランナーの気持ちに寄り添って作った」

 大会は今年31回目。国内外のトップランナーが出場し、熱いドラマを繰り広げ、歴史を重ねてきた。「GLAYは今年30年ってひそかに思っているんだよね」とTAKURO。「GLAYが始まったのは1987年。HISASHIやJIROはいなかったけれど、16歳だったあの時が確かにスタートだった」と明かす。当時TAKUROは「(函館市内の)TERUさんの部屋で曲を作っていた」という。

 「ロングラン」は、爽やかな風が吹き抜けるような軽快なサウンドが耳に心地よい。「北海道のイベントを俺らの曲で盛り上げることができるなら」と力を込める。

残り:2115文字/全文:2560文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る