PR
PR

<32>【ダイナミックストレッチ(3)】 腰反らさず腕を頭上へ

 朝や仕事の前に行われるラジオ体操は、身体を目覚めさせる運動でもあります。動かせる範囲いっぱいに関節を大きく動かすという点で、ダイナミックストレッチの要素を多く含んでいます。

 今回は、前後へのアームスイングです。腕を体の横に下ろして立ちます=図1=。息を吸いながら、親指を上にして肘を伸ばしたまま、両手を前に上げ=図2=、頭上まで持っていきます=図3=。このとき腰が反りやすいので=図4=、注意してください。

 次に、息を吐きながら腕を体の横まで引いて下げ、1の姿勢に戻したら、今度は小指を上にし、肩を下げながら、腕をできるだけ体の後ろへと上げていきます=図5=。肩に痛みが出ない範囲で行ってください。

 疲れすぎない程度に、10回を2~3セットほど繰り返してみましょう。


執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈
実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る