PR
PR

<35>【ダイナミックストレッチ(6)】 手を前で組み 体をひねる

 寒くなると、服の上にコートやジャンパーなどを重ねて着るので、体はさらに固くなりがちです。自分の筋肉を働かせながら伸ばすダイナミックストレッチをすると、体が温まりやすくなります。温まると筋肉は伸びやすくなり、いわゆる相乗効果があります。

 今回は「トランクローテーション」という体を大きくひねるストレッチを紹介します。

 背筋を伸ばして立ち、手を前で組んで=図1=、息を吐きながら体を横にひねります=2=。息を吸いながら1の姿勢へ戻り、今度は反対側へ息を吐きながら体をひねり=3=、また1に戻ります。

 体が前に倒れると=4=、ストレッチの効果が弱まるので、気をつけましょう。疲れが出ないようなら、腕を肩の高さまで上げても構いません=5=。左右5回ずつ1~2セット、無理のない範囲で行ってください。


執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈
実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る