PR
PR

<46>【椅子を使って(1)】 息吐き肩の力抜く

 ストレッチはどこでもできる簡単な運動ですが、身の回りのものを使って筋肉を伸ばしやすくできます。

 これから椅子に座ってできるストレッチを紹介しましょう。椅子に座って体を支えると、伸ばす方向が意識しやすくなります。ぜひ試してみてください。

 今回は、肩まわりのストレッチです。まず背筋を伸ばし、両足を肩幅くらいに開いて椅子に腰掛けます=図1=。足の裏は床にしっかりとつけましょう。

 指先を伸ばし、息を吸いながら、両手を前に上げます=図2=。さらに頭の上へ上げていきましょう。頭上まで両手が達した時は思い切り伸ばします=図3=。息を吐く時に、肩の力を抜くように意識してください=図4=。この動作を5回ほど、ゆっくり呼吸しながら繰り返してください。


執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈
実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る