PR
PR

<47>【椅子を使って(2)】 息しながら体ねじる

 椅子に座って体をねじることで、胸まわりや背中の筋肉がほぐれて深い呼吸もしやすくなります。そこで今回は体をねじるストレッチを紹介します。

 通常の椅子の使い方ではなく、体の右側に椅子の背もたれがくるように座ります。背筋を伸ばし、両足は肩幅くらいに広げます。足裏も床にしっかりつけましょう=図1=。両手で椅子の背もたれの角をつかみます=図2=

 息を吸いながら、ゆっくり体を椅子の背もたれの方向へねじっていきます=図3=。右肩は力が入りやすいので、やや下げるイメージで。背中が気持ちよく伸びたところで姿勢を保ち、ゆっくり呼吸してください。

 余裕がある場合は、息を吐く時に体をさらにねじってみましょう=図4=。左右を逆にした反対側のストレッチも同じように行い、それぞれ5回ほどやってみましょう。


執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈
実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る