PR
PR

2月は「ビーフシチューのバレンタイン仕立て」

[PR]

ほのかにチョコの香り

 冬のごちそう、ビーフシチュー。トマトジュースを使って、手軽で本格的な一品を作りましょう。

 まずは肉の下ゆで。箸で切れる仕上がりを狙うなら、スジ、スネ、ウデなどコラーゲンの多い部位を。大きめに切って鍋に入れ、水を注いで火にかけます。あくが浮いたらざるに空け、肉を水洗い。再び水から煮てあくを取り、ふたをしてやわらかくなるまで弱火で約1時間煮ます。

 「圧力鍋の場合は、《1》加熱時間は圧力弁が上がってから計る《2》火を止めたら圧力弁が自然に下がるまで待つ―を守ってね」と青ちゃん。2度目のあく取りまでは普通の鍋と同じ。ふたをして圧力弁が上がったら火を弱め、15分加熱して火を止めます。

 続いてソース。「野菜は周りが透き通るまでじっくり炒め、味の染み込みを良くします」。とろみ付けは普通、小麦粉をバターで炒めて伸ばしますが、青ちゃん流は玉ネギに小麦粉をまぶして入れ、炒めながら赤ワインなどの液体を少しずつ加えます。「簡単で、だま知らず。ホワイトソースも同じ要領でつくれます」

 下ゆでした肉をソースに加えて少し煮たら、一度冷ましましょう。「味は冷めるときに染み込みます」。食べる前に温め、隠し味にチョコを2かけ。バレンタイン仕立てです。優しく深い味わいのスペシャルシチューをお楽しみあれ。

●ランクアップ!
 玉ネギはくし切りにしたものを半分に切って使いますが、普通に切ると、外側と内側とで大きさがばらばらになってしまいますね。
 大きさをそろえたいときは、玉ネギを外側・中側・内側に3分割し、それぞれ四つ、三つ、二つに切ってから半分に切ります。材料の大きさがそろっていると、火の通りがそろい、仕上がりもぐっと良くなります。炒め物でも試してみてください。(青山則靖・「キッチンサポート青」主宰)

ビーフシチューのバレンタイン仕立て(2人分)
▽牛かたまり肉(煮込み用)400グラム、ジャガイモ1個、ニンジン1/2本、ニンニク1/2かけ、バター25グラム、玉ネギ1個、ブラウンマッシュルーム4個、小麦粉25グラム、赤ワイン、無塩トマトジュース各100cc、牛肉煮汁300cc、塩小さじ1、ケチャップ、中濃ソース、しょうゆ各大さじ2、インゲン(ゆで)4本、チョコレート2かけ、生クリーム
《1》牛肉は大きめに切り、やわらかくなるまで煮る。煮汁を取っておく。
《2》フライパンにバターを溶かし、一口大に切ったジャガイモ、ニンジン、薄切りニンニクを弱火で炒める。ビニール袋に一口大に切った玉ネギ、マッシュルーム、小麦粉を入れて振る。ジャガイモの周りが透き通ったら、ビニール袋の中身を全部加えて炒める。粉が油を吸ったら、赤ワイン、トマトジュース、牛肉煮汁の順にそれぞれ2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
《3》塩、ケチャップ、中濃ソース、しょうゆで調味し、肉を加えて弱火で約10分煮込む。一度冷まして温め、チョコレートを加えて混ぜ、インゲンを散らす。器に盛り、生クリームをかける。

 あおやま・のりやす 73年帯広生まれ、札幌育ち。飲食店などのメニュー開発に携わる一方、テレビ番組やイベントなどで主婦の悩みに応える料理法を伝授して人気を博している。札幌市在住。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る