PR
PR

陸自機4人全員死亡 北斗の山中 機体大破

 【北斗】陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌丘珠駐屯地)所属のLR2連絡偵察機が飛行中に消息を絶った事故で、自衛隊と道警は16日午前、北斗市の山中で同機の残骸を発見した。現場周辺で乗員4人が相次ぎ見つかり収容したが、全員の死亡が確認された。同機は墜落したとみられる。陸自は同日、航空事故調査委員会を設置し、原因究明を進める。

 防衛省によると、死亡が確認されたのは機長の高宮城効(たかみやぎいさお)1尉(53)、副操縦士の柳田智徳3佐(41)、整備員の岡谷隆正2曹(42)と玉木宏伸3曹(28)。防衛省の河野克俊統合幕僚長は16日夕の記者会見で、「かけがえのない隊員4人を失い、痛恨の極み。事故を再発させないために、原因を徹底して究明する」と話した。

 道警などによると、16日午前10時38分、北斗市の袴腰山(はかまごしやま)(616メートル)から東に3キロ地点で、徒歩で向かっていた道警と消防、地元猟友会でつくる捜索隊が残骸を発見した。現場は標高約300メートルの尾根の斜面で、機体の一部の金属片が広範囲に散らばっていた。自衛隊と道警などは約1800人態勢で捜索していた。

 防衛省によると、丘珠空港を出発した同機は15日午前11時47分ごろ、緊急の患者を収容するため函館空港の西33キロの北斗市周辺上空を飛行中、管制官と交信したのを最後に消息を絶った。その1分後にはレーダーから機影が消えた。

残り:329文字/全文:923文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る