消えた四島返還─ 安倍政権 日ロ交渉 2800日を追う

hero-img_pc_02

prologue prologue プロローグ

2018年11月シンガポール会談

プーチ大統領の手で 必ずや終止符打つ

日本政府が交渉の軸足を
「四島」から「2島」
へと大きく転換した
瞬間だった

プーチン大統領の横顔写真
安部総理の横顔写真
安部総理とプーチン大統領が握手する写真

1956年の日ソ共同宣言基礎に位置付け、平和条約交渉を加速させる

安倍首相が話す様子
安倍首相が話す様子

今回の合意の上に、 私とプーチン大統領のリーダーシップの下、 戦後残されてきた懸案、平和条約交渉を 仕上げていく決意であります

今回の合意の上に、 私とプーチン大統領のリーダーシップの下、 戦後残されてきた懸案、 平和条約交渉を 仕上げていく決意であります

歴代政権が重視してきたこと

1956年日ソ共同宣言
平和条約を締結後、
歯舞群島、
色丹島
を日本に引き渡す
1993年東京宣言
領土問題を「歴史的・法的事実」に立脚し、諸文書と「法と正義の原則」を基礎に、四島の帰属問題を解決する

しかし、この会談では

あえて東京宣言には触れず
日ソ共同宣言
平和条約交渉の基礎に位置付けた

下へ

日ロ交渉の軸足を
「四島」から「2島」
へと大きく転換した
ことを意味する

プーチ大統領は 返すはずだ

しかし…

しかし…

ロシアの抱える問題
プーチン大統領が話す様子
プーチン大統領が話す様子

日ソ共同宣言には、引き渡す用意が あるとだけ記されているが、 どんな条件の下、どの国の主権下に 置かれるかは書かれていない

日ソ共同宣言には、 引き渡す用意があるとだけ 記されているが、どんな条件の下、 どの国の主権下に置かれるかは 書かれていない

新たな交渉カードを切ったものの、
ロシアの要求は領土問題の解決なしに
受け入れられる条件ではなかった。

模索の末に平和条約交渉は
完全に行き詰まる…

27回の首脳会談。重ねた妥協…
膨大な政治エネルギーを注いだ末に、
残ったのは「負の遺産」だった。

北方領土交渉の現場で
何が起きていたのか—

78カ月間、
最前線で追い続けた
北海道新聞取材班の記録。

破れた紙
執筆
渡辺玲男、小林宏彰、則定隆史
編集
田中徹、池田大地
制作
佐々木文人、黄金健二(道新デジタルメディア)、森本雄太(道新デジタルメディア)
デザイン
貞廣磨紀、斉藤奈津子、高橋智子
地図画像:「地理院地図(電子国土Web)」を加工して作成

2

関係強化、プーチンの誘い

シンガポール会談の6年前。政権を奪還した安倍は、首相として10年ぶりの公式訪ロを果たし、対ロ外交に前のめり姿勢を強めていく。そこにはプーチンからの巧みな誘いがあった

Chapter 02

4

官邸主導、揺らぐ方針

「勝負の年」に譲歩を引き出そうと、次々とカードを切る安倍。外務省を遠ざけ、「1強」政権の元で官邸主導のいびつな外交が加速していく

Chapter 04

5

日米安保、最大の障壁

領土交渉の焦点に浮上した日米安保問題。日本の主権に疑問を投げかけ、揺さぶるプーチン。台頭する中国の存在が複雑に絡み合ってゆく

Chapter 05

6

強まるロシア支配

四島での共同経済活動に踏み切った安倍。「共存の島」へと模索を続ける日本側に、実効支配を強めるロシア側。数多くのトラブルが次々と表面化していく

Chapter 06

7

経済協力、高い壁

安倍が打ち出した8項目の経済協力プラン。新たな協力の芽が生まれる一方で、浮き彫りになる両国間の壁。経済界には官邸への不満が蓄積していた

Chapter 07

8

叶わぬ望郷の思い

北方領土返還運動の先頭に立ってきた元島民たち。極秘に作られたプーチンへの手紙や、方針転換を語らぬ安倍の姿勢に複雑な思いが交錯する

Chapter 08

9

日ロ、見えぬ針路

平和条約の「大筋合意」が幻に終わった安倍。行き詰まった交渉を立て直せない中、ロシアの憲法改正やコロナ禍が追い打ちをかける。幕切れは突然だった

Chapter 09