どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

暮らし・話題

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
脳の部位「嗅球」にある神経細胞。遺伝子操作でNPAS4を作れないようにすると、通常(左)に比べ、シナプス(突起状の部分)の数が減少する(中央)。一方、NPAS4が過剰にあるとシナプスも増える(奈良県立医大提供)

 においの情報を処理する脳の部位「嗅球」にある神経細胞のタンパク質は、神経細胞同士のネットワーク形成を促し、情報処理の効率を上げる働きがあることを、奈良県立医大などのチームがマウスを使った実験で明らかにし、31日付の米科学誌電子版に発表した。[続きを読む]

暮らし・話題記事一覧

8月1日

7月31日

30日

29日

28日

27日

25日

24日

23日

このページの先頭へ