どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

道外

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

 【モスクワ共同】ウクライナ北部のチェルノブイリ原発で旧ソ連時代の1986年に大量の放射性物質拡散を伴う爆発事故が起きた4号機を覆う「石棺」を巨大なシェルターで密閉する作業の完了が、予定されていた来年10月から2017年11月へと大幅に遅れる見通しになった。多額の資金不足が主な理由。建設資金を管理する欧州復興開発銀行(EBRD)のビンス・ノバク原子力安全局長が24日、共同通信に明らかにした。[続きを読む]

道外記事一覧

24日

23日

このページの先頭へ