どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

とことん夕張

 2006年に財政破綻した夕張市は、2010年度を「夕張再生元年」と位置づけ、国の管理下で約322億円もの赤字を解消する15年間の「財政再生計画」をスタートさせました。陣頭に立った藤倉肇市長は「計画を着実に実行することで、地域の再生と財政再建の両立をはかる」と強調。後任として2011年4月に全国最年少の30歳で初当選した鈴木直道新市長は道のほか東京都とも連携を深めて活路を開こうと、積極的に活動しています。夕張の行政や市民の新たな歩みを、北海道新聞に掲載された記事・写真からお伝えします。

とれたてニュース

<今年の顔2011>
鈴木直道さん 全国最年少で夕張市長に当選

このページの先頭へ