どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

たるびゅ〜 北海道新聞小樽支社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
※写真は、小樽・勝内埠頭に接岸した豪華客船です
 

 たるびゅ〜は、小樽やニセコなど北海道後志(しりべし)管内の情報を発信する動画サイトです。港町・小樽の祭りやイベントなどの観光情報のほか、四季折々の風景、食や文化、市民の暮らしを紹介します。

 

おたる水族館特集
動画

夏のフィラリア対策
餌に予防薬、光る「技」

動画

イルカの水中ショー
新たな一面発見へ訓練

動画

ジェンツーペンギン
ひな5年ぶり 今後も続々

動画

ナポレオンフィッシュ
餌の好き嫌い 表情に

動画

クラカケアザラシ
繊細だけど少しずつ適応

動画

27歳オタリア「とも」
貫禄 ベテラン“女優”

動画

アザラシの子育て
興味深い母親の行動

動画

コツメカワウソの日常
餌食べる姿がキュート


小樽・後志版ひろい読み

勇壮、みこしパレード おたる潮まつり 千人の熱気に包まれ閉幕(2014/07/28)

(上)威勢の良いかけ声を上げながら市中心部を練り歩くみこしパレード(下)元気よく演奏するおたる潮太鼓保存会若潮隊の子どもたち

 第48回おたる潮まつり(実行委主催)は最終日の27日、約千人が計6基のみこしを担ぐ「みこしパレード」などが行われた。今年の潮まつりは3日間の期間中、強い風雨に見舞われることが多かったが、みこしを担ぐ熱気に包まれながら閉幕した。(中野訓)

 みこしパレードには小樽をはじめ、札幌など全道各地から集まった担ぎ手が参加。「エイサ、エイサ」と威勢良くかけ声を上げながら、市中心部を練り歩いた。

 高齢者施設の前では多数のお年寄りたちがみこしを見物。担ぎ手たちは、ひときわ大きなかけ声を上げてアピールし、お年寄りたちを喜ばせた。伊藤葉子さん(80)は「みこしは元気の源です」と笑顔で語った。

 また、中央ステージではおたる潮太鼓保存会が演奏を披露。幼児から小学生までの若潮隊の子どもたち約70人が元気良く太鼓をたたき、観客から盛んな拍手を受けた。また、26日に行われた潮ねりこみコンテストの結果が発表され、北一硝子が2年連続10回目の優勝を飾った。

 強い風雨の影響で、道新納涼花火大会は中止された。後日開催はない。漁船団などの海上パレード「潮わたり」も中止になった。

 潮ねりこみコンテストの優勝以外の入賞者は次の通り。
 ▽準優勝 小樽ボールルームダンス連盟▽特別賞 メジロ組、稲穂小潮ねりこみ踊り隊、陸上自衛隊第11特科隊、クリロン化成北海道事務所満ち潮隊、小樽歯科衛生士専門学校▽市民賞 小樽市内郵便局


わが館 自慢の一品

諸国御客船帆形 余市水産博物館館長 乾芳宏(2014/07/08)
 近世から近代にかけて、交通の中心は弁財船、一般に北前船と呼ばれる帆船であった。この船は本州から運んできた米、酒、塩などの食料を北海道のコンブやサケなど海産物と交換し、再び本州へ運ぶという重要な役割を担っていた。いわば「動く総合商社」だったと言える。[続きを読む]

このページの先頭へ