どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

たるびゅ〜 北海道新聞小樽支社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
※写真は、小樽・塩谷丸山の山頂からの風景です
 

 たるびゅ〜は、小樽やニセコなど北海道後志(しりべし)管内の情報を発信する動画サイトです。港町・小樽の祭りやイベントなどの観光情報のほか、四季折々の風景、食や文化、市民の暮らしを紹介します。

 

おたる水族館特集
動画

27歳オタリア「とも」
貫禄 ベテラン“女優”

動画

アザラシの子育て
興味深い母親の行動

動画

コツメカワウソの日常
餌食べる姿がキュート

動画

ゴマフアザラシの「マコ」
日々感じる成長 楽しみ

動画

機械も生き物?
動物のため毎日点検

動画

冬のアイドル活躍
セイウチのツララ

動画

3年目の冬
生きものたちの輝き見て

動画

待ってました冬到来
海獣たちの本領発揮


小樽・後志版ひろい読み

新観光船、段差なく快適 「あおばと」26日運航開始 小樽(2014/04/21)

関係者にお披露目された新しい観光船「あおばと」

 小樽観光振興公社の観光船「あおばと」(19トン)が完成し、20日、試乗会が開かれた。関係者ら約70人が訪れ、バリアフリー化された新しい船の乗り心地を確かめていた。(麻林由)

 「あおばと」は全長19メートルで、乗客定員は86人。老朽化のため昨年引退した「祝津号」と「オタモイ号」に代わり、同公社が購入した。三重県伊勢市の造船所から、14日に小樽港マリーナへ。その後、岸壁の整備が完了するのを待って海上観光船乗り場(港町)に到着した。建造費は約1億円。

 小樽市の鳥に指定されているアオバトから命名され、船体のデザインも羽の色を参考に黄や赤で塗装された。車いすに乗ったまま乗り降りできる昇降機を備え、船内の段差もなくした。客席には42インチのテレビを備え、小樽の自然を紹介する映像を放映するという。

 航海速力は16ノット(時速約30キロ)で、以前に比べて所要時間が20〜30分ほど短くなる。航路は小樽港や祝津港、オタモイを周遊する4コースがあり、平日と土曜日は1日計5便、日曜日や繁忙期は同計6便を運航する。

 試乗会では約40分かけて小樽港内を周遊した。同公社の山田厚社長は「乗ってみたいと思われるような船になったと思う。小樽の海上観光を売り出していけたら」と話した。

 26日に安全祈願祭を行った後、営業を開始する。10月13日までの予定。


わが館 自慢の一品

風琴 小樽市総合博物館副館長・学芸員 石川直章(2014/04/15)
 卒業式、入学式と学校の節目となる行事も一段落した。これらの行事では子供たちの歌がピアノなどの伴奏で歌われたが、昭和30年代までは足踏みオルガン《風琴(ふうきん)》の伴奏も多かった。後志でも古いオルガンを所蔵している館は少なくないが、今回ご紹介するのはパイプオルガンである。[続きを読む]

このページの先頭へ